セミナー/イベント
国際会計基準セミナー
小売・流通卸業様向け IFRSセミナー【大阪】
ここがポイント!! IFRS時代に元気な企業であるために
主催:株式会社 テスク
    株式会社 NESCO SUPER SOLUTION
協賛:日本アイ・ビー・エム株式会社
    株式会社 TKC
 近年多くの企業がIFRS(国際財務報告基準)への対応に向けた検討・準備を進めています。

 IFRSに対応するという事は「上場企業での連結決算を範囲とした会計制度の変更」だけではありません。「IFRS時代における企業経営管理のあり方」という観点で、販売・購買業務から個別会社の決算を含めた企業の経営管理全般に影響のおよぶ事柄として全社一丸となって取り組むべき課題であるといえます。

 また、非上場企業でも企業体質の強化や経営の“見える化”推進の観点で、IFRS時代においても磐石な経営基盤を整備する事が重要であると拝察いたします。

 そこで本セミナーでは、IFRSの影響・対応方法について、小売・流通卸業の企業様にとって重要なテーマを整理・解説させていただきます。また、「IFRS時代の経営の“見える化”」を通じ、企業を活性化するための業務ソリューション構築事例を紹介すると伴に、IFRSへのスムーズな対応の支援をご案内させて頂きます。
ご多用な時期とは存じますが、是非この機会にご光来を賜りますようお願い申し上げます。
[終了しました]
日 時 平成22年11月25日(木) 14:00〜17:00 (13時30分〜受付開始)
場 所
日本IBM 大阪事業所2Fセミナールーム 地図はこちら
定 員 45名/参加費無料
概 要 【第1部 基調講演:小売・流通卸業でのIFRS考慮ポイント】

講師:太陽ASG有限責任監査法人 名古屋事務所
           代表社員 佐野 正人 氏

IFRS対応を義務と捉えず、経営を活性化させるための良い機会であると捉え、“元気な企業であるために”小売・流通卸業のお客様が取り組まれるべきIFRS時代における経営ポイントについて講演いただきます。         


【第2部 ITによるIFRS時代の ”見える化” 対策】

株式会社 テスク

IFRSは、純額表示や売価還元低価法などの対応を要求します。弊社が取り組んだMDシステムの導入事例を交えつつ、ITの領域でどうIFRSに対応していくべきなのかをご紹介いたします。


株式会社 NESCO SUPER SOLUTION

来るべきIFRS時代に向けて、単体決算・連結決算・管理会計の三位一体での効率化を推進する ソリューションとして、SuperStream/400、eCA-DRIVER(TKC社製)をご紹介いたします。

※内容は予告なく変更される場合がございます。予めご了承下さい。
お問い合わせ 株式会社NESCO SUPER SOLUTION 企画グループ セミナー担当
〒108-0075 東京都港区港南1-8-27 日新ビル4F
TEL:03−5462−8512 E-mail:ss400mkt@ss400.jp
一覧へ戻る